通販で抗うつ剤を買う

抗うつ剤は通販で買える

オンラインで医師と会話する男性

抗うつ剤はうつ病や不安障害などの精神病の治療で主に使用されるお薬です。心療内科や精神科で処方されることが多く、抗うつ剤とひとことで言っても様々な種類があり作用も異なります。

抗うつ剤は1950年頃から開発が進みました。最初はクロルプロマジンという成分が統合失調症の患者に効いたことから統合失調症の治療に使用されるようになり、結核の薬として使われていたイミプランが鬱を抑制する効果があると発見され、こちらも精神病の治療薬になったのです。20世紀にはいると精神病の薬に関する研究が開発がどんどん進み、今のような幅広い薬が世に出はじめたのです。

抗うつ剤と抗不安剤は何が違うのでしょうか。抗不安剤は興奮や不安を抑制する働きを持つ薬を指し、抗うつ剤は良く打つ症状や意欲の低下などを食い止める効果を持つ薬です。

抗うつ剤は通常病院を受診して医師が必要だと判断した場合にのみ処方されますが、通販サイトでも購入できることをご存知でしょうか。しかも通販サイトの場合は医師の処方箋が要らないのです。これは、海外から薬を発送しているため、薬事法に違反することがないからです。

しかし、Amazonや楽天などの通販サイトではなく、医薬品を専門に販売している通販サイトである必要があります。これらは医薬品の個人輸入代行業者によって運営されているサイトです。

通販サイトから抗うつ剤を購入する利点としては、病院で処方される際にかかる費用より安い価格で購入できるという点があげられます。医療費を抑えたいという方には最適です。また、病院へ行く手間がかからないため、時間がないという方にもオススメです。通販サイトはお悩み宅急便のように信頼性の高いサイトを選びましょう。

抗うつ剤の作用と効果

抗うつ剤の効果で笑顔になる女性

抗うつ剤は脳内物質の量を調整することで鬱などの精神病の症状を改善させる効果を持っています。抗うつ剤の効果を得るには長期的な服用が必要です。抗うつ剤の作用や効果を詳しく解説します。

この記事の続きを読む

抗うつ剤は危険?

抗うつ剤のリスクに悩まされる人

抗うつ剤に対して危険なイメージを抱く方は多いのですが、正しく服用していればリスクを最小限に抑えることができます。近年開発された抗うつ剤は、依存性や離脱症状のリスクが極めて低いのです。

この記事の続きを読む